ウーマシャンプープレミアムは医療部外品!成分を徹底解析!

ウーマシャンプーに興味があっても購入する前に、どんな商品でどんな成分が使用されてるか知っておきたいでしょう。

ウーマシャンプー自体は医療部外品に指定されています。医療部外品という言葉はよく目にしますが、どんなものかご存知ですか?

ここでは詳しく医療部外品と成分について説明していきます!

▼▼画像をクリックで公式サイトへ▼▼安心して使えるウーマシャンプーはこちらから

医療部外品とは

日常生活でもよく目にする「医療部外品」とはなんでしょうか。

「医療部外品」とは厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されたものをいいます。

大きく分けて「医薬品」・「医療部外品」・「化粧品」に分かれており、「医薬品」は治療に、「医療部外品」は防止や衛生に「化粧品」は清潔にする、美化することが目的いなっています。

ウーマシャンプーはここでいう「医療部外品」の扱いになっています。

「医療部外品」は有効成分が規定量配合されていることを厚生労働省が認可しているものですが、ウーマシャンプーの有効成分は一体どんなものなのでしょうか。

 

ウーマシャンプーの成分解析!

ウーマシャンプーの有効成分は…「グリチルリチン酸2K」です。

「グリチルリチン酸2K」は肌荒れ防止とデリケートな頭皮環境を整えてくれ、フケやかゆみのトラブルも防止してくれるような作用があります。

 

そのほかにもたくさんの成分が配合されていて

が配合されています。

特に配合成分の「馬油」は人の皮脂に近い性質があり、α-リノレン酸という人が体内で合成できない必須脂肪酸が豊富で抗炎症、抗アレルギーの作用が皮膚にいいとされています。

 

「海藻エキス」は髪や頭皮のフケ、かゆみを防いで、サラサラ、ツヤツヤにする効果があります。

 

「加水分解ケラチン液」はハリやコシを高め、髪のボリュームや傷んだ髪の補修をおこなってくれる作用があります。

 

「アミノ酸BCAA」(L-バリン,L-ロイシン,L-イソロイシン)は頭皮に活力を与え、引き締める作用とハリのある頭皮と髪にします。

 

また、天然由来の成分を多く配合しているため、ノンシリコンなのに洗い上がりの髪がきしまないのもウーマシャンプーの特徴です。

ここで挙げた成分が髪と頭皮環境を徹底的にサポートしてくれるのです。

 

ウーマシャンプーは洗浄力が高い成分を配合している!?

ウーマシャンプーの口コミをみると、「洗浄力が強すぎた」「洗剤にも入っている成分だった」などの口コミもあります。

これはオレフィン(c14-16)スルホン酸Naのことを示しているようです。

ウーマシャンプーにはこの「オレフィン(c14-16)スルホン酸Na」が配合されていますが、こちらは『石油系』と『植物由来』のものが存在します。

ウーマシャンプーは後者の『植物由来』の天然ヤシ油のものを使用しています。

こちらは頭皮環境を整えてくれる作用と、水分と油分が分離しないように混ぜ合わせるために配合する成分となります。

市販のシャンプーは『石油系』を使用していることが多く、シャンプーの泡立ちもいいですが、頭皮や髪に与えるダメージが強いとされ、必要な皮脂まで除去するため、フケやかゆみ、抜け毛の原因になると懸念されています。

このことからウーマシャンプーは『植物由来』を選択し、毎日使用しても頭皮に優しいオレフィン(c14-16)スルホン酸Naを使用しているです。

それでも、肌に合わない方もいるでしょう。

その場合は使用を中止し、症状が治らないようなら早めに病院へいきましょう!

初回で使用を中止した場合に利用できる全額返金保証についてはコチラ→

脂漏性皮膚炎に関して詳しくはコチラ→

 

髪・頭髪の悩みは毛髪診断士に相談を!

 

ウーマシャンプーを販売している株式会社ゼロプラスには毛髪に関する知識が豊富な毛髪の専門家、毛髪診断士が在籍しています。

もし、ウーマシャンプーを使用していて気になったことや、髪、頭皮の悩みが出たら相談できるシステムがありますので、利用をおすすめします。

病院でもそうですが、自己判断で様子をみるのはいい効果が発揮されなかったり、症状が悪化したりすることにもなりかねません。

いいサービスはどんどん利用してみましょう!

 

まとめ

ウーマシャンプーに配合されている成分は頭皮にいいものを厳選して使用していることがわかりました。

頭皮環境を整えるにはいいシャンプーといえるでしょう。

しかし、肌の弱い方ですと相性が悪い可能性もあります。

その場合は毛髪診断士に相談できるサービスを利用したりと自分にあった方法を選択してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です